食生活と普段の生活をチェック!適度な運動と休憩を心がけて無理しないこと!

どうも武史です。僕は成人病予備軍だったんで、こうやってブログ書いて一念発起でダイエットと健康を頑張って、結果としてかわいい彼女を作ってやろうという意気込みでやってるんですが、続けていると少し成果が出てきます。

僕の大好物の吉牛を封印とまではできないまでも控えたり、揚げ物を控えめにして野菜を多めにしてみたりなどいろいろ工夫しています。運動もニガテなんですけど、ウォーキングしたりなどできることからコツコツ取り入れています。

ウォーキングも慣れてきたので、少し走ったりもしていますよ!走って、歩いての繰り返しですけど、デブがここまでできたので、僕も少し成長できたなと感じています。

これを3か月くらい続けたら結構見た目違ってくるんじゃないかなって楽しみにしています。夏には彼女作りたいです!

僕は、初対面の人苦手なんですけど、そろそろ合コンとか企画してもらおうかなって思っています。積極的に行かないといけないですからね!

ということで、今日も成人病にならない食生活についてです!

>呼吸器をおかす空気とストレス

身の回りの問題として呼吸する大気は重要です。自分以外のたばこのけむり、最もいる時間が長い職場の空気、不可抗力に近い居住地域の人気の問題をチエツクします。また空気感染をする結核菌、長期喫煙の可能性をチェックします。

関連する病気は呼吸器疾患であることはいうまでもありません。物理的なストレス要因をチェックしていますが、とくに急な寒さが高血圧や脳卒中をおこすので、それをチェツクします。

また妊娠回数が多い女性の病気をチェックします。輸血は献血に負うところが大ですが、献血中のC型肝炎ウイルスのチェックは、一九八九年の十一月にようやく開始されました。それまでわからなかった病原ウイルスが特定できたからです。

したがつてそれ以前に輸血を受けた人は、C型肝炎ウイルスに感染している可能性があります。また胃の手術を受ける人は多いのですが、手術によっては術後に鉄吸収が低下して、鉄欠乏性貧血になる人が少なくありません。

性格で見るなりやすい病気

性格で注意したいのは、実際の性格はここで表現しているような単純明快なものではないことがほとんどだと考えられることです。したがって、チエックするに際しては傾向として多少でも項日に表現されていることが感じられたときは、チェックするようにしてほしいと思います。

また性格が病気とどんな形で関係しているのかは、必ずしもはっきりしているわけではありません。ただ、狭心症や心筋梗寒になる人には、いわゆるA型の性格(物事に積極的だが短気で怒りっぱい)の人が多い、あるいは異常に執着心の強い人はうつ病にかかりやすいなど、性格と病気について研究されている例の多いものもあります。

くわしい病気対策については、本文の病気解説を見ていただくとして、ここではかえにくい因子に対してはどのように対処すべきかについて、ごく一般的なことを、かいつまんで述べておきたいと思います。

成人病の予防の最大の原則は、危険因子を取り除くことです。その意味ではかえにくい因子は取り除きにくい因子なので、見方によっては予防がむずかしいと思われますが、必ずしもそうとはいえません。

とくに家族性の病気の場合など遺伝因子をかえることは、通常では考えられません。しかし、この場合でも初めから病気になっているのではなくて、因子があるから発病する可能性があるということなのです。

そして多くの場合、遺伝因子以外の発病因子がいろいろと影響して病気になるので、その発病因子を中心に予防対策を考えることが大切でしょう。

もう一つの心得は、定期的な検査をして徴候をできるだけ早くつかんで、米然に治療対策を講じることも必要です。そして食生活や運動・体養などの生活習慣とあわせて、改善を図ることをお勧めしたいと思います。

今の体の状態の異常をチェック

成人病は慢性病です。長い期間かかってからだに歪みがたまり、次第に病気の形をなしてきます。その歪みをためる大きな要因として生活習慣のあり方があげられます。いわゆる食生活、運動・体養の仕方、心の働きとストレスなどです。

さらに環境、体質、性格などもあわせて歪みをためる要因として考え、成人病に対してライフスタイル病と呼ぶこともあります。歪みがたまって病気がはっきり現れるまでには、何年も何十年もかかることが多いのですが、ある程度歪みがからだにたまってくると、病気とはいえない心身の異常感を覚えるようになります。

異常感があるときはそれがたとえ弱くても、放っておけばもとになっている歪みがたまって、次第に成人病の素地が作られると考えられます。

異常感には成人病に関係がない場合でも同じように感じるものがあります。この場合成人病によるものと決めてしまうのは、早合点でしょう。

といっても異常感が成人病に関係があるものかどうかを、みきわめることは容易ではありません。そこで次のことを念頭に、異常感のチェツクにあたることを勧めたいと思います

●多少とも苦痛を感じたり強い異常感のときは受診を優先させましょう。
●弱くても今までまったくなかった異常感が急におこったときは、チェックよりも受診して確かめましよう。
●日常の生活行動に支障がない範囲で感じている異常感をチエツクしましょう。
●何日も何力月もかけていつの間にか感じられるようになった異常感はチエツク対象です。

最近、低糖質のものが気になっています。炭水化物食べないと落ち着かないんですよね。だから、低糖質のものを食べるようにしています。こんにゃく麺とか。で、あのカップヌードルの日清食品さんから、ダイエット中でも、夜中でも、飲んだ後でも罪悪感なく食べれるカップヌードル、その名もカップヌードルナイスという商品を発売されるということです。(もう出てるのか!?)

カロリーは通常の約半分で、食物繊維を入れたノンフライ麺です。これは今の僕にはありがたい商品です!カップ麺が罪悪感なく食べれるなんて最高っす!とはいえ、、、インスタント麺は決して身体に良いものではないので、時々にとどめておきます。